子ども心理資格講座と資格の概要・受験資格まとめ

多忙な現代での子育ては難しい

最近は仕事がますます忙しくなって、仕事と家庭の両立が難しいという方が多くいらっしゃいます。

子ども心理資格講座と資格の概要・受験資格まとめ

明治安田生活福祉研究所の行った調査によると、「仕事に加えてこれ以上の家事・子育ての負担には耐えられないと思うか」という質問に対して、「どちらかと言えば当てはまる」と回答した男性は4割台、女性は7割台にものぼりました。このような状態では、子育てに集中するのは難しくなります。

仕事も家庭もどちらも重要なため、どちらかにだけ専念するのは簡単ではありません。しかし成長段階に合わせた子供の態度や行動、そして心理状態に詳しくなることで、より効率的に子育てをすることは可能です。

子どもの気持ちを汲み取りより適切なアプローチができるようになることで、子どもを伸び伸びと育てることができるでしょう。

子ども心理資格講座

子供の心理状態を把握してより効果的な接し方をする上で役立つ通信講座があります。それは「諒設計アーキテクトラーニングの「子ども心理インストラクターW資格取得講座」です。

この講座は最短2ヶ月から6ヶ月という短い学習期間で、年齢別・状況別に合わせた接し方について学ぶカリキュラムが組まれています。 赤ちゃんから高学年までの各成長段階に応じたないようになっているため、多くの家庭に役立つでしょう。

心理といっても内容が難しすぎることはありません。カリキュラムは初心者にも合わせた内容になっています。また個別スタッフによる無制限の質疑応答サービスがあるため、分からないことはすぐ解決して進めることができるようになっています。

子ども心理資格講座の資格

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講した場合、子ども心理に関する資格を取得可能です。

取得できるのは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)の「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」と、日本インストラクター技術協会(JIA)の「子ども心理インストラクター」の2つです。

これらの資格を取得した有資格者は、子どもの悩みや問題を理解して適切なカウンセリングができるスキルとノウハウを有していることを証明されます。

有資格者は資格を活かして自宅やカルチャースクールで講師活動をすることも可能なため、副業のチャンスがあります。

資格を取得することで自分の子どもとのかかわり方がより上手になるだけでなく、他の親御さんのサポートもできるため、取得を目指す価値があるでしょう。詳しくは公式HPから内容を確認してみてください。

子ども心理インストラクターW資格取得講座