乳幼児期の子どもと心理

乳児期の子どもの特徴

乳幼児期の子供は一番手がかかる時期ですが、同時に最も成長が楽しみな時期でもあります。お父さんとお母さんは、子供の仕草や泣く姿を見て色々と心配したり楽しんだりするものです。

乳幼児期の子どもと心理

しかし乳幼児期の子供はまだ言葉を流暢に話すことができません。そのため、子供がどんなことを考え、どのような気持ちでいるのかをしっかりと把握してあげることが大切です。

乳児期は環境の変化に対応したり生活リズムを作り始めたりする時期です。感覚器官も鋭敏な時期で、すぐに泣いたりよく笑うなど感情も豊かです。言葉を話せませんが、いわゆる赤ちゃん言葉「なん語」を使って自分の気持ちを表現することは可能です。

乳児期の子どもの敏感な感覚に対応するために、親は笑い返したりにスキンシップを取ったりして、逐一応対してあげる必要があります。これによって赤ちゃんは親が信頼できることや愛情を持っていることを感じ取るようになるでしょう。

幼児期の子どもの特徴

幼児期になると社会性が少しずつ出てきます。例えば同じような年齢の子どもと遊んだりして周りへの関心を示すようになります。生活リズムも確立してきて、食事や睡眠やや排泄行動なども自分で出来るようになってきます。

さらには好奇心を持つ対象も拡がってきます。この時期に他人との関わり合いの機会を多く持たせてあげることが大切です。積極的に他の子ども達と過ごす時間を持たせてあげると良いでしょう。

また道徳性や社会性を育むために、してはいけない事のルールも教える必要があります。

乳幼児期の子どもの心理を学べる講座

乳幼児期の子どもの心理は複雑な部分があるため、親はよく観察する必要があります。子供がどんなことを感じたり考えたりしているかが分かると、より良いしつけも可能になるからです。子供の心理に詳しくなるために役立つ通信講座があります。

それは諒設計アーキテクトラーニングの「子ども心理インストラクターW資格取得講座」です。この講座は子どもの心の発達について学び、 適切な接し方ができるようにトレーニングしてくれる講座です。

受講する事で、子どもとのコミュニケーションを一層円滑にする方法が分かるようになるため、子育て世代の方にはおすすめです。

心理学などを学んだことがない方でも分かりやすく学習できるように、当講座のカリキュラムは初心者に完全対応しています。まずは公式サイトからカリキュラムの詳細を確認してみてください。

子ども心理インストラクターW資格取得講座