学童期の子どもと心理

学童期の子ども特徴とは

子どもは乳幼児期には親と一緒に過ごす時間が最も多いものですが、学童期になるとかなり長い時間を他者と過ごすことになります。社会性が一層求められるようになり、学校のルールにも従わなければいけなくなります

学童期の子どもと心理

自宅では通じたわがままも社会では通じなくなるため、協調性を育む事が必要です。「小1プロブレム」という言葉がありますが、中には周りの生徒との人間関係がうまくいかなくなる子どももいます。

学童期の別の特徴としては、言語能力や自然への関心などが増える事です。知的な好奇心や学習力が顕著になってきます。

学童期の子どもにしてあげること

社会性の向上のために、親は乳幼児期から他の子どもたちとの関わり合いを持たせるように工夫すると良いでしょう。さらに協調性を持たせるために、親は子どもが「やってはいけないこと」をしっかりと判断できるように、善悪の判断を取れるように助けてあげなければいけません。

家庭においてルールを明確にして、もしルールを破った場合には何かしらのペナルティーを与えるなどすると良いでしょう。例えば好きなテレビ番組を一時的に見させないようにするなど、ルールを破る事の良くない結果を体験させる事は子供の成長にとても重要な事です。

同時に学校から帰ってきた時には毎回、その日の出来事を尋ねたり、学校の友達について質問する事もおすすめの方法です。学校でうまくやれているか確認して、必要に応じたサポートをしてあげてください。

学童期の子どもの心理を学べる講座

学童期の子どもは環境の変化にデリケートになっている可能性があります。そのため親は少しでもよく状況を理解してあげる必要があるのですが、子どもの心を知ることはそれほど簡単な事ではありません。そのような対策として役立つ通信講座があります。

それは諒設計アーキテクトラーニングの「子ども心理インストラクターW資格取得講座」です。この通信講座は約2カ月から6カ月という学習期間を経て、子どもの心理に関するエキスパートとしての知識を得られる講座です。

小学校低学年の時期の子どもの心理状態や、中学年の子どもとの関係、高学年の子どもとの関係など、時期に応じた学童期の子どもの心理状態に詳しくなります。通信講座のため、自宅で自分のペースで学習可能です。まずは公式サイトから詳細を確認なさってください。

子ども心理インストラクターW資格取得講座