長女・長男に多い性格や考え方

長男に多い性格や考え方

よく「長男ぽい」、「彼女は長女だからね」と言う表現が使われる事があります。長男長女または次男次女など、家族構成によって性格が分類される事は少なくありません。

長女・長男に多い性格や考え方

長男や長女という家庭での立場によって性格が完全に決まることはもちろん無いのですが、ある程度影響するのは事実です。親はそれを踏まえて子どもと接すると役立つことがあるでしょう。

一般的に長男は面倒見がよく世話好きです。下に弟や妹がいる場合は特にそうでしょう。自分より立場が弱い相手を観察して助けようとするポジティブな面が活きると社会的にも良い傾向になります。

ただしおせっかい過ぎる側面も時折出る事があります。さらに責任感を発揮したり慎重な面をよく見せます。兄弟や姉妹がいる場合、全体の事を考えて動くこと場面が多いため、このような特質がより身につくことがあります。

ネガティブな側面としては、まじめが故に一人で問題を抱え込んでしまうことがあるという点でしょう。個人差はあるものの、責任感が強すぎると他人に相談できないことがあります。

長女に多い性格や考え方

続いて長女に共通する性格や考え方を見てみましょう。長女で典型的なタイプは「頼りにされやすい事」です。面倒見が良いと言う特徴もあります。長女が母親的な役割を体の中で演じることは少なくありません。

そのため弟や妹に頼られることが多く、結果的にそのような性格になる事があります。責任感が強いというのも頂上の特性です。これは頼られる事ともリンクしていると言えます。

一方我慢し過ぎてしまうというネガティブな面もあります。これは長男にも共通している点がありますが、弟や妹の手前、気持ちを吐露しにくいということもあるようです。

子どもの心理に詳しくなろう

同じ年齢の子どもでも性格に差はあります。個人差に加えて家庭での立場によっても差は生まれます。親は子どもごとに性格を見極めてフォローしてあげる事が大切です。

しかし子どもの性格を見極めるのは簡単ではありません。言葉や行動だけでは内奥の心理状態まで知ることはできません。しかし子どもの心理に詳しくなる上で役立つ講座があります。

それは諒設計アーキテクトラーニングの「子ども心理インストラクターW資格取得講座」です。この講座は子どもの行動や性格について網羅したカリキュラムを組んだ講座で、子どもの気持ちに寄り添うために必要なノウハウが得られます。

心理といっても難しいものではなく、初心者に対応した内容になっています。家庭に複数の子どもがいる親の方は、この講座の受講を通して親力をアップしてみてはいかがでしょうか

子ども心理インストラクターW資格取得講座